weekendcross

weekendcross(うぃーくえんどくろす)は、2002年から2003年ごろにかけて毎週土曜日の夕方から夜の時間帯で、インターネットラジオ放送局5局が合同でリレー方式でストリーミング放送されていた生放送のラジオ番組。 質が良く、高音質で番組を提供していた。そのため、ナローバンド環境のリスナー向けに参加放送局のスタッフや有志のリスナーが放送を中継し、低ビットレートで再配信することもあった。 ~
この項では、weekendcrossに携わった放送局に関する内容も併せて記述する。

参加放送局

FMあきばだい~
まっきゅー氏が運営する神戸市西区に拠点をおくミニFM、インターネットラジオ局。高校生当時、インターネットラジオでの活動は、新聞等のメディアに取り上げられた実績がある。また、夏休みの時期や年末に、FMあきばだい単独で長時間の生放送を行ったこともある。weekendcrossの頃にはすでに京都市内に拠点を移すも、2003年4月14日に閉局。 ~
大学の映画・映像制作サークルを経て、現在は後述のhikky氏とともにクレイアニメーション制作をしているもよう。

えらいこっちゃ~神戸

『それ、あるある』と誰もが共感できるような、普段の生活の中でよく起こる“あるあるネタ”を募集し紹介する「あるあるそれある√君」のコーナーが大人気に。 ~
京都からの放送なのに「神戸」というタイトルに、タイトルコールの直後はリスナーが一斉に「京都!」とチャットに書き込んでツッコミを入れると、放送で『誰が京都や!』と返ってくるなど、パーソナリティとリスナーとの息もピッタリだった。~
  • OP/EDテーマ曲:「ロケット旅行」花子くらぶ

weekendcross以外での主な番組

    • 明日でいいや!(DJ:あゆ) ~

~
kill time radio(TV) ~
hikky氏が運営する兵庫県高砂市に拠点をおくインターネットラジオ局。のちに映像コンテンツも扱うkill time TVに。映像つきで生放送を行ったことがある。 現在、ホームページは閉鎖。~

CCJ(クールコンビニジャッカー)

FMあきばだいの2002年年末の生放送で、hikky氏が複数のコンビニエンスストアへ買い物へ行き、電話でその様子をノンストップでレポートした伝説の番組。~
『すみませーん。領収書きってもらってもいいですか。「FMあきばだい」で。』と、レジで言うのが決まり文句。他に、店を出る際に『こんな店、二度と来るか!』など。~
~
~
HighStation~
NAOYA氏が運営する埼玉県戸田市に拠点をおくインターネットラジオ局。現在、ホームページは更新停止中。~
~
~
InterNetRadio「FunaKama」~
DJしぃ氏が運営するインターネットラジオ局。現在は不定期更新ながらも、番組をオンデマンド配信中。~
~
~
SeasideBroadcastingStation~
黙々氏が運営するインターネットラジオ局。現在、ホームページは更新停止中。~
~
~

その他の参加放送局

えとせとら。BB ~
Izumi氏が運営する大阪府内に拠点をおくインターネットラジオ局。現在、ホームページは閉鎖。~
上記の主要5局すべてが放送できなかった時に、自ら臨時にweekendcrossを放送したことがある(2003年5月17日 - Izumi氏の日記より)。後述の「weekendcross ♭(フラット)」に対し、「weekendcross ♯(シャープ)」と題しての放送も。そのオリジナルのジングルがあった。 ~

Festival Radio Project

えとせとら。BBのIzumi氏が主体となって、2003年夏から2004年冬にかけて現在までに計4回放送された長時間の生放送プログラム。hikky氏は全ての回に出演。 ~
~
~

エピソードなど

  • weekendcross ♭(フラット)~FMあきばだい発の放送が深夜にまで及んだ時の呼び名。まっきゅー氏のスタジオ兼自宅マンション上階の部屋から喘ぎ声が聞こえてくることがしばしばあった。そこから、下ネタ等も扱うディープな内容に。
  • weekendcrossの旅~hikky氏が運転する車で、まっきゅー氏と京都市内から出発したドライブの模様が放映された。タイトルは「福井県 高浜原発へ行こう!」だったが、最終的に到着したのは兵庫県の東条湖だった。
~
~

関連リンク

~
~
~
この「weekendcross」は、インターネットラジオに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆、訂正などして下さる協力者を求めて います。

  • 最終更新:2007-11-22 21:00:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード